テンマクデザインテントパンダTC購入!合わせるコットは?

テント
スポンサーリンク

こんにちは、ぴーぱぱです。

 

いよいよ待ちに待った・・・

テンマクデザインのテントパンダTCが再販され、

購入しちゃいました♪

 

ソロ用のテントなんですが、、、

そのフォルムがたまらなくカッコよくて、

ついついポチッとしちゃいました^^;

 

追記

パンダTCにスカート付きが2020年6月23日に発売されました!

気になる方は「【2020年】パンダTC+販売決定!気になる発売日と価格と購入先は?」をお読みください。

 

スポンサーリンク

テンマクデザインのパンダTC購入レビュー

こちらがつい先日再販された、パンダTCです

 

そしてこちらがパンダTCのたたずまいです。

この三角テントがたまらなくかっこいいです♪

FF5にでてくるテントそっくりですよね。

 

 

 

ん?

テンマクデザイン?

パンダ?

 

 

って方もいらっしゃると思うので簡単にご紹介しますね。

 

テンマクデザインとは?

「WILD-1」のオリジナルブランドなんです。

WILD-1というのは、キャンプグッズを中心としたアウトドアショップです。

日本ならではのこだわりを持ってアウトドアギアを開発し続けるその姿勢は日本中のキャンパーから支持を集めているブランドです。

 

パンダとは?パンダTCとは?

まず・・・

そのまえにパンダとパンダTCがあるってところからお話ししますと、

●パンダとは

こいしゆうかさんが企画したとんがりテントの事です!

「ソロキャンプ」はもちろん「トレッキング」や「島旅」「フェス」などでも気軽に持って行ける軽量テントです。

軽量ながら細かいところにもこいしさんのこだわりがある男性はもちろん女性にもとっても使いやすいテントです。

 

●パンダTCとは

パンダテントをポリエステルとコットン混紡生地”TC”に変えたものです。

 

テンマクデザインパンダTCを庭で試し張り

さっそく箱をオープンしてみます。

 

 

箱から取り出すと、ボストンバックがあらわれました。

この袋もどうやらポリコットンらしく、肌触りが非常に気持ちいです。

 

 

袋の中身はこんな感じです。

すべてボストンバックに収納できます。

 

バサッ~っとテントを広げて、4すみにペグを打って・・・

 

 

ぐいーっとポールを真ん中に立ち上げるだけで完成です♪

 

これだけなら5分もかからない感じですね。

 

パンダTCにヘリノックスのコットを入れてみた

こちらはつい先日購入した最強コットヘリノックスのタクティカルコットです。

 

こちらが頭側です

 

こちらが足側です。

 

全体をみると若干頭側にスペースがあるのが分かりますでしょうか。

このようにパンダTCにヘリノックスタクティカルコットは収めることが出来ます!

(そんなに余裕はないですけどね・・・)

 

パンダTCとヘリノックスタクティカルコットのサイズ比較

●パンダTC

・フライ:約270×270×170(H)cm
・インナー:約250×115×155(H)cm

 

●ヘリノックスタクティカルコット

幅190cm×奥行き68cm×高さ16cm

 

ご覧のように入らなくはないんですが、余裕はあまりないですかね。

インナーテント付けたら結構窮屈かもしれません。。。

 

 

今回は庭で設営していましたが・・・

 

途中で雨が降り出しそうなので急いで撤収しちゃいました。

 

ポリコットンのテントは、雨にはそこそこ強いらしいのですが・・・

 

そのあとしっかり乾燥させないとすぐにカビちゃうみたいです。。。

 

おー恐っ!

 

今回使用したテントとコットのオンライン購入先を一応載せておきますね

 

テンマクデザインパンダの購入先

 

 

 

 

朗報&悲報

 

今ならAmazonで、パンダテントが・・・

 

30%OFFの・・・

 

14,904円で購入出来ちゃいます!!!

 

欲しい方は急いでくださいね!

 

そして悲報の方は・・・

パンダテントのアースカラーと、クラシックが廃版になることが決まりました。。。

なので尚更欲しい方は今のうちにGETすることをおススメします♪

 

ちなみにパンダの素材はポリエステルです!

 

ヘリノックスタクティカルコットの購入先

 

 

 

 

まとめ

 本日はテンマクデザインパンダTCのご紹介しました。

 簡単に設営しやすい快適テント

 たまには気ままにソロキャンプなんていかがでしょうか??

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました